仙骨について

生命自然医学の仙骨論が明かした「仙骨の10の役目」

全ホルモンの司令塔 全神経の司令塔
全骨格の司令塔 全筋肉の司令塔
全血管の司令塔 全皮膚の司令塔
全体液の司令塔 全血液の司令塔
全体毛の司令塔 体温の司令塔

「えっ、本当?」「信じられない」「骨ごときにこんな役目があるはずはない!」など、この事を聞いた一般的感想はその様なものだと思いますがいかがでしょうか。
私も今でこそ、仙骨の重要性をかなり認識しておりますが、この業界に入る前は、そこまで重要な骨だとは思ってもみませんでした。
例えば、頭痛という症状は、基本的に頭蓋骨のズレや硬化によって起きます。「全骨格の司令塔」としての役目が「仙骨」にありますから、仙骨を調整すると頭蓋骨が調整されて痛みや不快感が消えます。肩こりという症状は基本的に僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉の硬化で起きますから「全筋肉の司令塔」である「仙骨」を調整すると緩和されます。精神不安や打つなどは基本的にホルモンの分泌異常によって起こりますから、「ホルモンの司令塔」である「仙骨」を調整する事で癒されていきます。※注
この他にも様々な効果が実際に仙骨の調整によって得られますので、上記の10項目を理解しない限り、なぜ「仙骨」の調整で症状が緩和するのか分からなくなります。この様に、生命自然医学は、仙骨の役目のみならず、様々な病気の根本原因を探り、生命を活性化させるという意味で非常に重要な医学なのです。その医学を元に行うのが「仙骨自然功療法」です。


施術終了後、上記10項目全てが調整され、あなた自身が持つ本来の「免疫力」が回復し、他の療法との根本的な違いを感じて頂けると思います。
※注 それらの症状全てが仙骨のズレだけで起きているとは限りません。

 

NEXT 仙骨のズレと調整レベル